skip
gnb
contents
footer

鰲川港

facebook
twitter
print

案 内

  • 観光案内電話 1330 : +82-2-1330
  • 保寧市庁の観光交通課 観光振興担当 : +82-41-930-3541~2

鰲川は以前から保寧の北部圏の生と生活の中心地であった。 保寧の北部圏のすべての道は鰲川と通ずると言う言葉でもこれがわかる。 実際周浦、舟橋、青所等鰲川に入る進入路だけでも三カ所にもなる。

以前の栄華は多く色褪せてしまったが、 鰲川港は浅水湾周辺の主要漁港とし ての全ての役割を果している。 鰲川港は湾の深い所に位置しているため、 防波堤など別途の被港施設が必要ないほど、 自然条件がよい所である。

従って防波堤なしに、海岸に沿って長く繋がっている埠頭に漁船が碇泊している。 1日と6日に行なわれる鰲川市場を訪ねると、様々な海産物に出会うことができる。 特に鰲川港から成り立つ潜水機漁業で取ったタイラギはほかの所では見る ことが稀れな特産物であって、大人の拳くらいの大きさのイガイはやはり人気である。