skip
gnb
contents
footer

大川港

facebook
twitter
print

案 内

  • 観光案内電話 1330 : +82-2-1330
  • 封ロ寧市庁の観光交通課 観光振興担当 : +82-41-930-3541~2

清浄海産物集散地 保寧市内から12km大川海水浴場から1km、 今や西海岸時代を迎え、大川港は海上交 通の要衝地から漁業前進基地まで, 思いのままにその成果を高めている。

最近環境問題が終わるところを知らない西海だが、 大川港は珍しく汚染されてない清浄水域がある港である。 海が奇麗なから魚族も豊富である。ワタリガニ、イカ、 サザエ、マキヤマ、鯛、伊勢海老... すべてが生きがよく、豊富で、訪ねる人たちの足も軽くなる。 特にワタリガニとイカは保寧の特産物であり有名な魚族で、 ワタリガ二はその大きさと味で定評があって,大川港の埠頭の 片方の乾燥台にたくさん干してあるイカは歯応えの良さと、 その食欲をそそる味で、訪問客が多い。 帰港した漁船で、採れたてのマキヤマと鯛などの刺し身は値段が安く、 美味しいため、ここを訪ねる旅行客とグルメたちの間で大人気だ。

生の活気が溢れる港 海がそうで港がすべてそうなように大川港もやはり 生の活気がいつも溢れる所である。 埠頭にたくさんの漁船と漁民, 保寧近海の島に向かって行く旅行客と帰って来る旅行客, 漁販場を賑やかに立てる商人の活魚のように生きがよい生...... 特に大川港は夜明けにさらに活気が溢れる。 すぐ夜明け競売が盛りであるのでさらにそうだ。 商人の競売が終った後には生きがよい海産 物を直接購買するために押しかける外人のた めの水産市場が立ち入る。

女性たちの素朴な保寧方言を聞きながら、 路上で味わう刺身の味、埠頭で味わう刺身の味、 そして埠頭で値段も安くて生きがよい海産物を買おうとする外地の人との掛け合い、 各種海産物を売る所に向かう道の左側に集まっている刺身屋でワタリガニメウンタン(汁物)や、 各種の刺身を味わう気分... これがまさに名所ではないでしょうか。

大川港は海産物の集散地であると同時に、 保寧都庶民たちと旅行客の足になる所である。 元山島を始めとして外煙島、挿矢島、鹿島などに向かっ て行く旅客船の出発地であると共に到着地である。

従って休暇や週末なら西海の大、 小の島へ立つ旅行客たちで賑やかだ。 船を借りて釣りを楽しむために訪ねる人たちも絶えない。 保寧の海辺では特にマキヤマとシログチがたく さん採れるが、 埠頭に碇泊されている漁船の手すりに座って沙魚 や鯛の釣りをする人たちが目につく