skip
gnb
contents
footer

鹿島

facebook
twitter
print

案 内

  • 観光案内電話 1330 : +82-2-1330
  • 保寧市庁の観光交通課 観光振興担当 : +82-41-930-3541~2
  • 保寧市鰲川面事務所 : +82-41-932-4301

島の地形が鹿と似ていると言って鹿島と呼び、昔は草墳があった島である。 岩が多く、急傾斜の所に村があるので、遊休面積が足りないのが実情である。 特産物としてはマキヤマ、海鼠、鮑等がある。

先に、規模面で砂原の長さが3.5km、幅が100mに達する大型である。 砂原の南側に奇巌怪石がよく発達されて秘境を演出しており、 水温も適当で、気持よく海水浴を楽しむことができる。

場所

  • 大川駅、保寧ターミナルからバスまたはタクシーで大川港まで移動(市内バス : 40分所要、タクシー : 20分所要)
  • 大川港から旅客船で鹿島まで移動(大川港 : +82-41-934-8773、5963)
    ※ 大川港から 鹿島まで旅客船が1日1回運航され。*夏期:1日2回運航

フェリーの定期運航時刻表

大川港 ↔ 鹿島
フェリーの定期運航時刻表
- 大川港からの出航 鹿島からの出航
10月~翌年3月 10:00 13:05
4月~9月 08:00, 14:00 11:05, 17:05