skip
gnb
contents
footer

狐島海水浴場

facebook
twitter
print

案 内

  • 観光案内電話 1330 : +82-2-1330
  • 保寧市庁の観光交通課 観光振興担当 : +82-41-930-3541~2

島の形が狐に似ているということから狐島と名付けられた島です。大川港から1時間10分程の場所に位置する狐島は60世帯が暮らす小さな島です。村は島の北東側の海岸に位置します。埠頭の周囲をぐるっと囲んでいる灰褐色の奇妙な形の岩はまるで造られたものであるかのように美しくきらびやかです。 この砂浜は長さが3.5km、幅100mに達する大きな海水浴場です。砂浜の南側には自然がつくり出した奇岩怪石が秘境を演出しており、水温も適温で気持ちよく海水浴を楽むことができます。

村を通り過ぎて平坦な丘を越えると、銀色の海辺が広がっています。砂浜は約1.5kmと決して長いとは言えませんが幅は100メートルにおよびます。砂は柔らかく、傾斜も緩やかで、あまり知られていませんが、海水浴場としては遜色がありません。ただ浜が海と面しているだけのつまらない場所ではなく、弓のようになだらかな曲線を描く海と砂浜がやわらかな印象を与えてくれる海水浴場です。

喧騒をはなれ、適度な水温、きれいな水質、緩やかな傾斜など、 家族で静かにバカンスを楽しむには最高の場所です。村には民宿があり、バカンスシーズンには簡易バンガローも設置されます。砂浜幅が広いのでキャンプ場としても十分です。まだ外部に広く知られていないため、自然も島の住民の人情も豊かです。また、住民の多くが海女なので、アワビやサザエ、ウニなどの食べ物を手軽に購入することができます。

場所

  • 大川駅、保寧ターミナルからバスまたはタクシーで大川港まで移動(市内バス : 40分所要、タクシー : 20分所要)
  • 大川港から旅客船で狐島(ソンチョン船着場またはチョドゥ船着場)まで移動(大川港 : +82-41-934-8773、5963)
    ※ 大川港から狐島のソンチョン、チョドゥまで旅客船が1日2回運航され。 *冬季 :一日一回
  • 船着場から、自家用車や村共用バスで海水浴場に到着。

フェリーの定期運航時刻表

大川港 ↔ 狐島
フェリーの定期運航時刻表
- 大川港からの出航 狐島からの出航
10月~翌年3月 10:00 13:25
4月~9月 08:00, 14:00 11:25, 17:25